WS000000


める卿です。


今回は家庭環境についてお話したいと思います。


私はFCの頃からドラクエをしているのですが、


当時、私の親はゲームを買ってくれませんでした。


ゲームというものに対して、


「ゲームをやると馬鹿になる」ということがインプリンティングされています。


でも、クリスマスにねだってなんとかファミコンを買ってもらったんですね。



初めて買ってもらったソフトは



WS000001

マリオブラザーズでした。


小学1年生にして、111面までいくというキ○ガイプレイをしていましたね。



しかし、なかなかソフトを買ってもらえません。


1つのゲームがメチャメチャ上手くなります。

そのため、今でもスーパーマリオブラザーズは死なずにクリアできます。


新しいソフトがほしいので


「次のテストで100点取ったらゲームソフトを買って!」


というねだり方もできませんでした。

なぜならいつも100点だったからです。


安いソフトはたまに買ってもえらました。



問題は


WS000003

ドラクエ5でした。


ドラクエ5の定価は9800円です。


この頃からゲームソフトの価格がメチャメチャ高くなった気がします。


ゲームに偏見を持っている両親は買ってくれるはずがありません。


ゲームやりすぎだと、ファミコンのコンセントを隠すような親でしたので。


特に塾とかいかされてないのでファミコンをしてもしなくても成績は変わりません。


基本勉強してませんでしたから。
(授業はきちんと聞いていたので中学までは1桁の順位はだしてました)


そのため、ゲームをするという背徳感でのめりこんでしまうんですよね。


幼い頃にゲームを普通に買い与えると


「ゲームは子供がやるもの」
という意識ができて大人になるとゲームをやらなくなるらしいです。



反面



子供の頃に制限されまくったらどうでしょう。




私みたいになります




ドラクエ5は小学4年生の頃にアマチュア無線の免許を取っていろいろ頑張ったので
なんとか買ってもらえました。



現在では昔みたいにいろいろなソフトをやりたいとは思わなくなったものの


ドラクエ10を始める前はスト4にのめりこんでいたし


今でも親にゲームやってるのかといわれます。


最近は「親の教育が悪かったから」とつきかえしています。
(私自身にも原因はありますがw)



なので、子の心理を先読みして子育てすることはかなり重要と思っています。




今日のドラクエ


あ ドラクエのこと書くの忘れてました。



ええとですね


WS000004

ひたすら緑玉をだしていました。






エジャルナ西付近でだしていたら




WS000005
チムメンが試練をやっていて


戻っては消え、戻っては消えを何回も繰り返していました。






もちろん私は




WS000004

緑玉待機なんですね。




1時間半くらい待ったでしょうか。




WS000006

ついにきました。




WS000007

ツイッターなどのおかげで私は誘われることができたみたいです。
ツイッターやっててよかったぁ




WS000008
サービス精神万歳なので、例のドレアでいきました。




WS000009
無事、つっこんでもらえました。



そしてDK4にいくわけです。




WS000010
もちろん私は立ち回りが難しいといわれていて
DK4では敬遠されているバトルマスターで挑むわけです。






もちろん



WS000011

ぶっとばすわけですよ。
ちなみに2回全滅しました。





WS000012
すんません未称号で緑玉だしてました。



でもまあ、とれたんで良かったです。


参考にする動画って大事ですよね!
(動画によっては見ると地雷になりうるという意味)






WS000013
その後はすごろくいきました。




カジノプレイチケットが100枚以上あるので
誰か誘ってください(まがお)







WS000014

職人飽きてきたので福引金策をしたいのです









WS000015
ヒルズの購入予定の丁目は決まっています。








おわり






押してくれたら元気がでます!









スポンサーリンク